スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買い主、逆転敗訴確定 土壌汚染の除去費請求退ける 最高裁(産経新聞)

 土壌汚染の原因物質が土地売買後に規制対象となった場合、買い主が売り主に除去費用を求めることができるかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(堀篭幸男裁判長)は1日、売り主に約4億4800万円の支払いを命じた2審東京高裁判決を破棄、買い主の東京都足立区土地開発公社の請求を退けた。公社の逆転敗訴が確定した。

 売り主は化学製品製造会社「AGCセイミケミカル」(神奈川県茅ケ崎市)。

 平成19年7月の1審東京地裁判決は「契約後の規制に基づき賠償責任を認めれば、売り主に過大な負担を課す」と指摘し、公社の請求を棄却。これに対し20年9月の2審判決は、「人の生命や健康を損なう危険が判明した場合、契約後でも売り主が賠償責任を負う欠陥に当たる」と判断。地裁判決を変更し、AGC側に賠償を命じた。

 1、2審判決によると、公社は3年、足立区のAGC工場跡地約3600平方メートルを約23億3500万円で購入。15年にフッ素が都条例で規制対象となり調査すると、サンプルを採った40カ所すべてで基準値を超え、最大1200倍だった。

駐車場で男性2人を刺す 殺人未遂で社長逮捕(産経新聞)
人生をしゃぶられた夫婦 裁判官「二度と来るな」(産経新聞)
杉並区長、5月末に辞表…参院選出馬の意向(読売新聞)
3歳長男に暴行、20歳母逮捕=夫が昨年から相談―静岡県警(時事通信)
普天間問題で社民党、瀬戸際外交…一転内紛(産経新聞)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。